Home>オススメ情報>印刷業者に振り回されないために|年賀状の写真位置を把握

印刷業者に振り回されないために|年賀状の写真位置を把握

PRINT

業者に依頼する前に知っておくべきこと

冬の風物詩ともいえる年賀状の印刷を専門業者に依頼するのはいいのですが、専門業者の話を鵜呑みにしていると出費がかさんでしまうことになりかねません。ですので、ある程度は頭の中でどのような年賀状にしたいのかをイメージしておくことが大切です。例えば、写真を何枚入れて位置はどこにしたいなどとイメージをしておくとブレずに作成を依頼することができるでしょう。また、作成だけを依頼するのか、投函まで全ての作業を依頼するのかでも利用料金が異なってくるので、そこも決めておくといいかもしれません。そして、デザインを追加したくなったら追加料金が取られないかどうかも目安になります。また、一社だけに絞ってしまうと料金が高いのか安いのか判断がつきません。ですので、複数の業者の料金を比較してから正式に注文すると費用を抑えられますよ。そうすることによって、専門業者の口車に乗せられずに依頼することができるでしょう。

印刷機

年賀状にもマナーがある

自分で書く場合でも専門業者に依頼する場合でも、年賀状を出す時にはマナーがあるので把握しておきましょう。元旦ピッタリに相手へ年賀状を届けたいのであれば、12月25日までに郵便ポストに投函しておくといいですよ。また、写真だけを印刷するのではなく、お世話になったお礼や今後の関係が良好になるような文章を添えると喜ばれますよ。文章を書く時には不吉なことを想像させる去る、離れる、終わる、分かれるなどを書くのは控えましょう。そして、句読点を入れるのではなく、改行をするのがマナーです。また、年号や日付、干支などはなるべく書くようにしてください。そして、年賀状だと分かるように年賀という文句を付け加えるのが常識です。

広告募集中